2007年10月25日

モーターショー(番外編)

最後に番外編。



日系メーカーでは、日産のブースがもっとも印象的。ジャパニーズモダンと言うのでしょうか。



トヨタって感じ。



スズキいいです。(目隠しは余計だって、、morihanさん。)

見たい方はここに。



もちろん仕事用のプレスキット等をもらって帰りました。(昔はカタログでしたが、今はROMになりだいぶ楽になりましたが、それでも重く、中にはキャスターバック持参の方も多いです。)

写真は400枚程度撮影。うち100枚はコンパニオンでした。(爆)

posted by ペクポン at 21:24| Comment(4) | TrackBack(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーターショー(国産編)

明日から週末いっぱい出張ですので、一気にネタ出しです。

その他国産編。レクサスIS−Fです。



無理言ってエンジン見せてもらいました。V8,5リッターエンジンは311馬力。8速オートマは凄いです。でも、GT-R、M3を見ると766万円はちょっと。。



こちらはジャパンプレミアのLF-A。2シーター。V10(F1か?)、ボディはCFRPです。



こちらは、ワールドプレミアのインプレッサ WRX STI。



やっぱ。555のカラーリングでしょ。



個人的にはスズキのブースががんばってました。SX4 WRC 2007なんてこのまま欲しいです。女の子も可愛かったし。

ホンダ、マツダは余り印象に残りませんでした。

つづく

posted by ペクポン at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーターショー(GT-R)

昨日に引き続き、モーターショー国産車編ですが、今回はGT-Rです。

全く見えない状態でゴーンさんのプレゼンを聴いた後、押し合いの挙句写真を撮りました。



デザインは想定内でした。ボディはカーボン、アルミ、スチールだそうです。リアにスカイラインの面影が。。。

エキゾーストは120の4本出し。

ステージ横には、カットモデルがありました。みんな気がついてませんでしたが、、、



フロントミッドシップを進化させるため、クラッチ、トランスミッション等を後方に移動させている。(凄い)



3.8リッターV6ツインターボ。480PSの国内最高。デュアルクラッチでパドルシフト付き。
エンジン組み立ては、クリーンルームで組み立てるそうです。(初めて聴きました。そんなの)



ビルシュタインとブレンボ(フロント6ポッド、リア4ポッド)。ちなみにBOSEのサウンドです。

ニュルで最速ラップを出したそうですが、これで777万円からは、はっきり言って安いです。

感想: ゴーンさんのプレゼンをこれまで数十回聴きましたが、業績の低迷もありなんとなく、これまでの威厳が無くなってます。

また集客は、ここのブースが最高で、盛り上がったのは確かです。

最後に、スーツを着た日産の社員はみんなお洒落でした。他社とは正反対です。

つづく。





posted by ペクポン at 20:34| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

モーターショー(番外編)

今日は、もう一発行きます。

通常、プレスデーはもう少し空いているのですが、今回は海外からの方も多く、ものすごい込みようでした。



こんな取材や、車に関連の深い芸能人の方も多く見受けられました。



また、お昼には各ブースでランチが出されてます。



ここは、アルファのブースです。

今日は、数十分刻みで各ブースで、トップがプレゼンを行います。その最中は、こんな具合に込んでいます。



今日は、特に注目されてすでに凄い三脚の数が場所取りをしているブースがここです。



また、コンパニオンの方も紹介したいのですが。。。。お気に入りのお二人だけ処理済で紹介します。



ここのブースの彼女と



ここの彼女はかなりタイプでした。(笑)

まだ、開始まで数十分前ですが、日産の前には人だかりが。。。凄すぎる。 GR-R待ちです。



遂に出てきました。。。でも撮れない。。。


日本車編は、明日にします。
posted by ペクポン at 18:54| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーターショー(BMW編)

モーターショーへ行ってきました。
9時開場ですが、朝の渋滞に巻き込まれ、着いたのが9時40分頃、駐車場はかなりいっぱいです。会場に入るとすでに人だかりが。。。。そういえば自分のパス番号も1万数千番台ですし。。。

まずは、真っ先にBMWのブースに。何か隠されています。



まずはジャパンプレミアとなる135クーペ。



実物は意外と素敵でした。

次は、コンセプトCSです。でかい!



時間は流れ、11時半のプレスコンファレンスの時間となりました。



込み始めてます。

ついにワールドプレミアのM3セダンの発表です。



ややオーバーフェンダーですね。クーペとほぼ同じ出力だそうです。車高が若干クーペより高いように感じましたが。。。

次は、コンセプト1tiiです。ハッキリ言って欲しいです。




フルバケットで7000回転からレッドゾーンです。ちなみにボンネットはカーボンです。

それ以外では、ジャパンプレミアとなるニュー6シリーズなどを鑑賞しました。

DSC_021920071024(2).JPG

エンジンラインナップです。

ここでいったん区切ります。


posted by ペクポン at 17:30| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

ひやかして来ました

連休最終日、この連休は運動会や、家庭内のAV関連配線(配置換え)で時間がつぶされましたが、皆さんと同じくひやかしにDラーさんへ行ってきました。

さすがニコルさん。M3とB3BiTurboが同時展示でした。



M3は330キロ表示、7000台後半からレッドゾーンに対し、B3は300キロで7000からレッドですね。V8と直6ターボの違いが出てますね。



内装はスパルタンなM3に対して、エレガントなB3という感じです。



座った感じは、クーペとリムジンの違いもありますが、B3の車高が高く感じました。より開放感がありましたね。



B3は丁寧に作りこんでいるって感じがものすごく伝わります。いわゆる芸術品で、手を加える所無しって感じ。正にシリアルナンバー付きのプレミアム感です。



それに対して、M3はマシン的というか、さらに手を加えて自分のオリジナルにって感じを受けました。



どっちも魅力的ですが、実際に走らせて比較できる身分に成りたいです。帰りには、B5リムジンもあり(ナンバープレートの付いたB5もありました)。



世の中の広さを実感し、本当のひやかしだった自分に笑っちゃいました。

でもなぜか帰路はアクセル全開(笑)なんですよね。
posted by ペクポン at 17:46| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

MOTORSPORT JAPAN 2007

10月の東京モーターショー仕事休んで行くか、どうしようか考えていたら、、、MOTORSPORT JAPAN 2007なんてやってるのですね。。。。国産ばっかりですが、昔若かりし頃、セリカGT−FOUR RSという馬鹿みたいなホモロゲに乗ってた身としては、ラリーカーに興味心身です。。。。

しかし、Familie!や、ミチノクなど、秋はイベント尽くしで、どうしようか考えものですね。

ps 台風の中、明日から遠征です。今日も飛行機揺れたし。。。傘持って飛行機乗るのがなんとなくこっけいに思えて、非常に嫌な今日この頃です。
posted by ペクポン at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

写真

モディは懐具合にも易しくないので、カメラに物欲を向けたこの頃ですが、こちらの世界も知れば知るほど、懐に易しくありません(当たり前)。

ボディには余り関心がないのですが、レンズの世界に入り込むと底なし沼がここにも待ち構えております。(まだ踏み入れるのを抑えています)

私の写真は、今だ記念写真の域を出ていませんが、表現すると言う楽しみは奥が深いです。また、光とアングルの組み合わせが、マシン以上にセンスが問われる世界だと始めて知りました。

そんな中、たまたま撮ったこの写真が、我がペクポン号で今一番気に入ってます。

DSC_009320070813(4).JPG

空がつぶれてますが、光の加減でE91の特色であるリアが強調されているのが面白いところです。(しっかり自分が映っているところが素人ですが)。

アングルはともかく、自然の光を上手く使うには私の場合、偶然を期待するしかないのが、未熟なところです。(まあ、レタッチ使うと簡単ですが)。

今度のオフ会までに、腕を鍛えなきゃ。
posted by ペクポン at 21:46| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

タイヤ

紛争状態(現在は、板門店状態(休戦中))に陥った理由のホィールがり傷ですが、タイヤを別のものにしておけば良かったと後悔しています。

オフ会でも確認しましたが、以外にContiSportContact 3を履いている方少なかったです。

このタイヤ、デビュー前からハンドリングの良さと、インチアップしても乗り心地が悪くならないと評判だったため、当時のタイヤ不足(メーカーを選択できない状態)の最中に、割高でしたが選択しました。

しかし、コンチは、ダンロップのスポーツMAXXや、BSのタイヤなんかと比べて、サイドウォールがすっきりです。
具体的にはリム上の出っ張りがないために、非常にホィールを擦り易くなってます。



見た目は、ディープリムが目立ってカッコいいんですが、スポーツMAXXだとこんなに擦らないのではと思うと、少し残念です。

ホィールポリッシュを真剣に考え始めているこの頃です。
posted by ペクポン at 18:57| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

第2回灼熱の横浜みなとみらいオフ

いや〜久しぶりにブログ再開です。

これまで、仕事の忙しさに加え、家族間での紛争により、車(もちろんブログ)を封印しておりました。

その理由は、この写真が全てです。



ファミリーカーの宿命で、ホィールががり傷ものではない状態です。これを理由に、家族で紛争中、おまけに受験生を抱えたイライラモードから、中東の火薬庫状態が続いておりました。。。。。車に関して、もちろんブログを見ている暇があれば。。。。。状態でした。

そんな中、第2回灼熱の横浜みなとみらいオフに参加させていただきました。チョー久しぶりにお会いする方ばかりで楽しい日々を過ごしました。



我が、ペクポン号もここにおります。



皆さんの車を見ていると、モディから乗り換えが基本になりつつあり(汗)、また刺激を受けてしまいました。

本日、夜から出張先に向かうため、早くに失礼しましたが、関係者の皆さんご苦労様でした。 いつも家族に優しいオフ会で流石です。


冷戦中にも関わらず、再び爆弾搭載するかな?

posted by ペクポン at 16:10| Comment(15) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

1 カブですか

こんな写真が、皆さんご存知の1カブ。。。。

attachment1(2).JPGattachment-(5)(2).JPG

何となく変な感じです。やっぱり3シリーズ程度はテールが長くないと、デザイン的にすっきりしないような。。。。

個人的に、X6と呼ばれているこっちの方が気になります。迫力ありますよね。車高もやけに低いような。

20061208a_02(2).JPG
posted by ペクポン at 21:54| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

アルピナB3 BiTurbo

ご無沙汰してます。旅人は帰宅しました。雪の無い雪国等へ行って来ました。

時間があれば、内容をアップしますが、ALPINAからニュースリリースが。。。


[速報]NEW BMW ALPINA B3 モデル名・価格決定待望の3シリーズ(E90)をベースとしたアルピナは新しくモデル名称が「BMW ALPINA B3 BiTurbo」と決定。
またその消費税込み車両本体価格は¥9,950,000となります。

BMW ALPINA B3 BiTurbo
エンジン 直列6気筒 ビターボ
最高出力 360PS
最大トルク 500Nm/51.0kgm
最高速度 285km/h
0-100km/h 4.9sec
ギア・ボックス 6速オートマチック SWITCH-TRONIC
車両本体価格 ¥9,950,000 (消費税抜き車両本体価格 ¥9,476,190)

約1千万円ですか。。。凄い。詳細は不明ですが、私にはレッドゾーンで関係ありません。ルックス的には結構素敵です。


posted by ペクポン at 21:32| Comment(12) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

なにを目当て?

週末に時間があればオートサロンに行って来ようと思ってます。

その旨を家族に伝え、デジカメを用意していると。。。なにを目当てに行くの?との声が。。。そりゃ、車だよ。。。。。。で、その後続かずでした。

モーターショーと比べると確かにオネーサンはこっちの方が派手です。
posted by ペクポン at 22:32| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

販促って

年末に、LEXUSから1通の封筒が、、、あなたの夢を叶える「LEXUS For Your Dreamキャンペーン」はじまります。と。



私はもちろんレクサスオーナではありませんが、仕事の関係上、LEXUSの立ち上げから色々ちょっかいを出している身でして、あれやこれやでカレンダーやアンケート、カタログ等を頂いているのですが、今回のキャンペーンはGOODです。

@レクサスが叶える夢コース(10万円相当の金券?)、A女子プロと川奈でゴルフ、B田崎真也と三國清三のスペシャルディナーコースの3つから選べる(試乗した人の中から抽選)そうです。個人的にはBのディナーが興味心身ですが、これのために試乗をバンバンやって窮地に陥るのもなんですし。。。

それに比べて(?)。BMWさんからは、何にも無いんですが。。。全てディーラーの対応に任せているのでしょうか?BMWジャパンさん。年賀状ぐらいあってもと思う小市民でした。

でもレクサスブランドの構築にかかる凄い意気込み(金)を感じます。さすがトヨタさんです。

良い夢みたいな〜。


posted by ペクポン at 17:18| Comment(14) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

知りませんでした。

お正月休みを利用して、観たかったDVDや本を片手にだらだらしておりましたが、今年は戦争ものにハマッテました。

ブログネタとして車、飲み食い、そして今年は飛行機ネタに続き、何か新しい関心ごとも出来れば増やせればと考えております。

そんな中、年末に購入したモーターマガジン誌を読んでて始めて知りました。BMWのモデルネーミングの意味を。。。。(皆さんからそんなことも知らなかったの?と言われそうですが)

モデルネーミングは最大トルクを示してたのですね。(汗)

320用のエンジンN46B20Bは、200Nm/3600rpm の最大トルク
323用のエンジンN52B25Aは、230Nm/3500〜5000rpm
325は             250Nm/2750〜4250rpm
330用のエンジンN52B30Aは、300Nm/2500〜4000rpm

と言う具合に最大トルクで決まってたのですね。てっきり、エンジン形式かと思ってました。kgm表示に慣れてるので考えもしませんでした、お恥ずかしい。

ちなみに335用のエンジンN54B30Aは、400Nm/1300〜5000rpmですので、通常ですと340に成るはずですか、燃費が良いことをアピールするために335になっているそうです。(常識だったのですか?)

これまで家内に偉そうにネーミングの意味合い(3とか5とかMとか)について語ってた自分に新年早々反省です。

ちなみに、トップエンドの550などに使われるV8、4.8リットルのN62B48Bは、最大トルク490Nmで若干ネーミングからずれている模様です。
posted by ペクポン at 09:14| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

うーん

私も表紙のアルピンホワイト車に誘惑されてモーターマガジン誌を購入しました。

その中で、カブリオレ(E93)の記事の中に、気になる文章が。。

新しいパワープラントの追加...
N43と呼ばれる新世代直噴直列4気筒...
最高出力170ps...なぬ?
低燃費エンジン....

うちの4発より20馬力も拡大してる。。。

さすがに335は価格帯から言って想定外。でも同じ4発はちょっとショックです。あと少しパワーがあればと感じることもありましたので。。。

毎年、少しずつ変わるドイツ車の宿命でしょうか。(涙)


posted by ペクポン at 20:11| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

土曜日から冷戦中

出張、その他仕事もあり、あっと言う間に過ぎた先週。
土曜日の早朝にテニスに行くため、車を出した時、なんとリアのホィールにガリ傷が、、、、、、



一部じゃなく、3分の2ぐらいしっかり傷が付いてました。その後のもやもやは、想像の通りです。

運転席側のリアにどうしてガリ傷が着くのか?多分、駐車パレットに入れる際に擦ったんだと思います。

ファミリー使用に19インチは無謀でした。まだカードの支払いも終えてません。(涙)

車山オフで話題になった千葉方面のお店に持ち込もうか?またやるかもしれないので、そのままにするか。。現在、もんもんとしております。
posted by ペクポン at 12:45| Comment(20) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

エンブレム付けただけです。

別に引っ張るつもりはありませんでしたが、+S-さんで注文しておいたブレイトンのフロントエンブレムを付けました。



自分で言うのもなんですが、ミーハーです。
チューナーブランドでモディして、絶対エンブレムを付けることを、E91購入時の目標でしたので、装着しました。

フロントエンブレムは、ビスが短く、グリルを削る必要があることから、装着をお願いしました。黒い鼻に銀色の文字が結構いけてます。

0611130006(2).JPG

後ろは、予算が無い(たった5000円ですが)ことと、我が家のご意見番の様子を見てから装着を考えてます。

時間の合間に、足のことを色々聞いてたら、やばくなりそうでしたので、しばらく考えないようにします。(汗)。
posted by ペクポン at 20:41| Comment(14) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

リッチマンの悩み

ニコルさんからこんな案内が来てました。

世界最速のスポーツリムジン、BMW ALPINA B5 Superchargeの試乗車をご用意いたしました。
また、比較をご希望の方にBMW M5試乗車もご用意しております。
アルピナの真価を体感頂けるこの機会を、ぜひご利用下さい。


さすがに冷やかす気にもなりません(笑)

でも、この前、ニコルのセールスの方(アルピナ)と話をしたら、結構M5とB5を悩まれる方が多いそうです。
その為、高速でM5とB5のヨーイドンをやったら、B5の方がはるかに早かったとの話を聞きました。セグメントが全く異なる車ですが。。。。

こんな悩み、夢の中だけにしてくれって感じです。

posted by ペクポン at 21:10| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

ホィール

明日から出張に出ますので、これまで引っ張ってきたネタを全て放出です。

これまで書いた様に、車の使用頻度が高い家内は、モディには基本反対で、全てを”ヤンキーみたい”で片付ける名手である。
特に「羽は付けないで」のメッセージが常に出されていて、リップやスポイラー類の装着はかなり厳しい (最初から付いているMspoなら問題ないだろうと選択)。
従って、我が家のモディは足中心で進んでいた。ホィールの変更はハードルが低いが、「純正と同じ様に」との要求があった為、ACSなどのいわゆる力強いデザインは候補から漏れた。

そこで浮上したのが、アルピナクラシック、レイズME、スプレッドG7などメッシュ&スポーク系のホィールである。ただ、意外と在庫が無かったりして選択の余地が少なくなってきた。やっぱり鍛造が良いけど、あえて書かないが、「BMWのにして」との声もあり、チューナー系への道を進むことになった (チューナーは大きい意味でBMWと解説してある)。
条件を満たすのが、アルピナクラシックとブレイトンに限られていた。

結構日はかなり前から11月3日に決定されていた。ブログ上では書けないが、3日に参加したイベントである事を確認した後、決行。 (オフミにあわせたのではなく、この日に設定されていたのです)。

最初は18インチ+足回りの予算構成であったが、18インチの在庫が無いこともあり、これまでがMspo17インチであったことからも、大枚を叩くんだから”どーん”と大きく変化をと言うことで、結局19インチにしてしまった。



タイヤの選択余地がコンチスポーツコンタクト3しか残されていなかったため、予算がかなりオーバーし、大出血と成った。

家内の印象派は「どこが変わったの?」と言うくらいで大成功である。ただはねのマークが無い点がネックっぽいが。。。

ブレイトンフレームタイプ10は鋳造だが、持った感じは他のブレイトンよりも軽い。コンチのタイヤも比較的軽量であることから、ばね下の変化は17インチRFTと同等程度だろう。 

装着後、十分な走りこみも無く、いきなり車山へ。その途中の爆走と成ったが、インプレをするには、中央道の道の悪さから、インチアップによるものか、道の悪さかが判断つきかねた。
ただ、出足がややもたつく感じだが、乗り心地、操作感の悪化は感じられなかった。この辺は追々インプレしよう。

装着後、数キロ走るだけでダストが目立つ為、AUTOGLYM アロイ・ホイール・シールで磨いたが、車山への過程ではダストが付くものの、すすのように取れていたのは印象的だった。

ただ、皆さんの装着されていたパッドの交換が必須であると思う。




スポーツサスに19インチは前輪が4駒状態である。足入れは遠い必須項目になろう。



スペーサーなしだとこんなもんだろう。




長文は疲れたので、また後日に色々と書くことにします。
posted by ペクポン at 20:56| Comment(10) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。